あじさい研究所の日誌

訪問ありがとうございます。
アジサイの研究はしておりませんが、イラストを主に描いています。
暇な時にのほほんと見てくれたら嬉しいです。

海のトリトン

どうも、有田です!


去年図書館で読んだブラックジャックが
すごく面白かったので、
ガンダムを見に行った日と同じ日に
東京の丸の内本店の一角にある手塚治虫書店へ行ってきました~。
(実はこっちが本命だったり^^;)


書店がある3Fに到着すると
手塚治虫先生と手塚作品おなじみのキャラクター達が出迎えてくれました。


↓こちらは
手塚先生代表作の一つ「鉄腕アトム」の生原画。
ストーリー漫画の原点ですね(´∀`)


ほかにもオリジナルグッズや、手塚先生が出した漫画、絵本、関連書籍などが売っています。


有田は海のトリトン 上下巻を購入。
(手塚治虫書店で購入すると
書店限定ブックカバーと、月ごとに変わるしおりがついてくるみたいです)


本当はSF短編集も買いたかったのですが、お金が足りなかったので断念(´;ω;`)



海のトリトンは
トリトン族を滅ぼそうとしっているポセイドン族を倒すべく、
海の一族末裔のトリトンが仲間ともに悪へ立ち向かっていくお話です。



私は特にヘプタポーダという悪役キャラのお話が好きで、
この人はトリトン族の敵であるポセイドンの美しい娘なんですが
トリトンと戦った際、命拾いをして救われました。


その後トリトンの義母に怪我を見てもらったり、一緒の時間を過ごす中で
ヘプタポーダは戦い合うことに疑問を持ちます。


最後兄からトリトンを殺すよう言われましたが
、ヘプタポーダは自らの意思で自殺しました。



おまけ↓
アニメ版OPです。
(アニメあるなんて知らなかった・・・)
原作と髪の色がなんか違います。

海のトリトン





閲覧ありがとうございました!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。