あじさい研究所の日誌

訪問ありがとうございます。
アジサイの研究はしておりませんが、イラストを主に描いています。
暇な時にのほほんと見てくれたら嬉しいです。

レールの向こう側の世界

踏切を渡る途中、死んだような目をしている少年がこちらを見て微笑んだ。

12、3歳位だろうか。

彼に話しかけようとした瞬間、爽やかな風と共に姿を消してしまった。

みたいなイラストです。


5月も今日で終わりですね。


そういえば、さっき7歳の少年が山に行ったまま行方不明というニュースを見ました。

両親はしつけで山に置いてったのに、世間体を気にして山菜取り途中にいなくなったと警察に嘘をついていたらしいです。


山に子どもを一人にして、両親はそのまま帰るってどうゆうこっちゃい!

(しかも北海道の山)

幸い見つかっても、子どもトラウマになるよ。早く見つかるといいなあ。


閲覧ありがとうございます!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。